白菜の育て方

畑に、白菜を種まきで栽培する方法を紹介します。

植え付け

ハクサイは、アブラナ科で連作障害があります。3~4年アブラナ科の野菜を栽培していない場所に植え付けます。排水性の良い土壌が栽培に向いています。

植え付けに2週間以上前に、苦土石灰120g/㎡を撒いてよく耕します。根は、深く伸びるので深めに耕します。

植え付けの1週間前に元肥として、堆肥2kg/㎡、化成肥料200g/㎡を撒いてよく耕します。

畝幅60㎝、畝高10㎝の畝を作り、株間35~40㎝、条間30㎝で二条植えします。地温低下を防ぐためにビニールマルチをします。

マルチの穴に合わせて、4~5粒づつ種を離して植え付けます。深さは、0.5㎝くらいで薄く覆土して、表面を軽く押さえます。

土が乾燥していたら水やりをします。

害虫予防に、トンネル支柱をして寒冷紗もしくは虫よけネットをかけます。

移植・間引き

欠株ができたら、間引き前の本葉3枚くらいの小苗を移植します。水やりをして土を柔らかくして、根鉢ごと掘り起こします。欠株の場所に苗を植え付けて水やりをします。

本葉が6~7枚になったら、間引いて一本立ちにします。間引いた菜は、食べることができます。

白菜の苗の植え付け画像

白菜の一本立t

収穫

結球して大きく育ったら、収穫します。大玉は、2~3㎏、ミニ白菜は700gくらいが目安です。

長期間畑で置いておいて、遅めに収穫することも可能ですが、霜が降りると外葉が痛んでむけてくるので、ひもで縛って開かないようにすれば、外葉の痛みだけで済みます。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です