タマネギの種を畑に直蒔きで育てる方法

タマネギを育てる一番のポイントは、植え付け時期を守ることです。早生種、中生種、晩生種など品種により生育時期が異なります。

早く植えすぎるとトウ立ちして球が太らずに芯が固くなります。反対に、植え付けが遅れると越冬までに苗が育たず球が十分に育たないこともあります。種の説明書をよく読んで植え付け時期を間違えないようにしましょう。

種から育てる場合は、8月下旬~9月下旬に種まきをします。苗から植え付けるなら11月中旬~12月上旬くらいになります。(品種ににより異なります。)

ホームセンターなどではけっこう早めに苗が売られているので植え付けが早くなりすぎないように注意してください。

ちなみに家庭菜園で大量に作る場合は、保存性の高い晩生種がおススメです。

畑の準備

一般的なタマネギの栽培は、苗床や育苗箱で苗を育てて、ある程度の大きさになったら畑に移植するという方法です。この方法のメリットは、生育スピードをそろえることができることと、畑のスペースを有効利用できることです。

ただ、家庭菜園であれば個体によって生育にばらつきがあってもそれほど問題はないと思います。畑に直巻きしたほうが手間が楽なので今回は畑に種を直蒔きする方法を紹介します。(参照:)

土づくり

植え付けの2週間以上前に、1㎡当たり100gの苦土石灰を撒いて良く耕します。

植え付けの1週間以上前に、1㎡当たり堆肥2kg、配合肥料150gを撒いて良く耕します。

生育期間が長いのでマルチをしておくと除草の手間が少なくなります。株間15㎝、列間10㎝くらいの穴をかけたマルチを敷きます。

種まき

空き缶などの底を押し付けて、マルチの穴に0.5㎝くらいの溝を作ります。一つの穴に5~6粒の種を蒔きます。軽く覆土して種がを埋め戻します。

発芽するまでは、定期的に水やりをします。

植え付け後の管理

越冬

追肥

1月上旬~2月下旬頃の期間に追肥を2回行います。緩効性の化成肥料を1㎡当たり50gを撒きます。肥料は、マルチの上からばらまいたので大丈夫です。

2月下旬を過ぎたら、追肥を行わないように注意してください。収穫時期まで土に肥料が多く残っていると病気になりやすかったり、貯蔵性が悪くなります。

間引き

4月頃には、1つの穴に1本になるように間引きをします。(段階的に間引いても大丈夫です。)間引いた、株は葉タマネギとして食べることができます。

収穫

収穫

茎が枯れてきて、倒状してきたら収穫時期です。1週間程晴天が続いた日に収穫します。

茎元をつかんで、まっすぐに引っ張ります。

保存

茎を切らないで、ネットなどに入れて風通しの良い場所で保管します。晩生種の場合、しっかりと乾燥させれば、半年以上保存することができます。

病気・害虫

べと病

アブラムシ