レーキを簡単に自作する方法

レーキ

今回は、レーキ(トンボ)を簡単に自作する方法を紹介します。インターネットでしらべてみると、本格的に作っている人がたくさんいますが加工の工程が多く、時間がかかりそうです。

10分くらいで作成する方法を紹介します。

先に完成品の画像をアップします。見た目は、ちゃちいですが家庭菜園で畝を作るには十分です。

自作レーキの画像

レーキで畝を作る

レーキの作り方

レーキを作る材料

①細長い板

ホームセンターで300円くらいでした。もう少し太くてがっしりしたものの方が向いています。

②幅広で短い板

ダイソーで購入しました。

〔説明〕

材料は、2つです。加工後の写真しか残っていませんでした。①は全て、一本の板でした。

レーキを作る材料

レーキを作る材料

レーキを作る為の工具

レーキを作る道具

道具

  • ノコギリ
  • 木工ボンド
  • 金づち

全て、100均で入手できます。

レーキの作成手順

まずは、①の細長い板を2つに切断します。切断する長さは、②の板と同じ長さにします。

この切断した板と②の板がレーキの先端となります。

レーキを作る材料

レーキを作る材料

 

①の板から補強用に、短い断片を2つ切り取ります。(これはなくてもいいです)

 

 

切り取った①の板と、②の板をボンドで接着します。

レーキ作成画像

ボンドで接着

固定するために、適当な場所に釘で打ち付けます。失敗して、はみ出しました・・・

レーキ作成画像

釘で固定

最後に、残っている木材(持ち手部分)をボンドで接着します。

レーキ作成画像

ボンドで接着

一番負担がかかるところなので、釘を打ってしっかり固定します。これで、完成です。

レーキ作成画像

釘を打つ

先端を補強してもいいでしょう。

レーキ作成画像

補強

持ち手が、角ばっているのでヤスリで磨いて角をとれば持ちやすくなります。

また、安い木材だと、バリやササクレができます。持ち手部分には、ビニールテープなどをぐるぐる巻きにすると安全です。

最後に

ちゃんとしたものを購入すると、3000円程度します。自作なら、工具をそろえても1000円以内で作れます。

短時間で作れるので是非試してみてください。