スイカは挿し木ができるのか検証してみた

小玉スイカの挿し木画像

挿し木というのは、植物の枝を切ってそれを土に刺して増殖させる方法です。今回は、小玉スイカで挿し木ができないか実験してみました。

結論から言いますが、挿し木で収穫まですることができました。

挿し木の方法

スイカ栽培では、子蔓の低節目から伸びる孫蔓は摘み取ります。その摘み取った孫蔓を使って挿し木に使います。

摘み取った子蔓を水を貯めたペットボトルに突っ込みます。

根が出たらポットに移植して、ある程度成長したら庭に植え付けます。孫蔓なので一本立で育てます。

経過

2020年6/9〔1日目〕

紅小玉の孫蔓を摘み取りました。このまま捨てるのはもったいないと思い、なんとなく挿し木してみたのがこの実験のきっかけです。

小玉スイカの挿し木画像

孫蔓を摘み取る

水を貯めたペットボトルに入れて、室内で管理します。

小玉スイカの挿し木画像

スイカの孫蔓を挿し木する

2020年6/16〔7日目〕

早いと1週間くらいで根が出ます。小玉スイカの場合は根が出る確率は、50%くらいです。ちなみにプリンスメロンで試したときは、ほぼ100%根が出ました。

根を出すコツは、ペットボトルに水を貯めすぎないことです。水が多すぎると茎が水で腐ってしまいます。この写真では水を入れすぎです。水は、1㎝くらい入れると根が出やすいです。

水が腐ったらいけないので、2~3日に1回くらい水を交換します。置き場所は、室内で東側の窓のそばに置いておきました。

小玉スイカの挿し木画像

挿し木したスイカから根が出る

スイカの挿し木画像

挿し木したスイカから根が出る①

スイカの挿し木画像

挿し木したスイカから根が出る②

なぜか茎の中途半端な部分から根が出たものもあります。

根がある程度の長さになったら、培養土を入れたポットに移植します。培養土を入れた3号ポットに移植しました。

スイカの挿し木

ポットに移植

2020年7/2〔23日目〕

ポットに移し替えて2週間くらい経ちました。

そろそろ根も成長してきたと思われるので、畑に移植をします。ポットから取り出すと、十分に根が成長しています。

スイカの挿し木

そろそろ畑に移植

スイカの挿し木

根が伸びている

庭に植えました。

スイカの挿し木

庭に植える

2020年7/7〔28日目〕

スイカの挿し木

花が咲く

花が咲きました。

2020年7/9〔30日目〕

スイカの挿し木

支柱に誘引き

支柱に誘引きしてやります。空中栽培で育てます。雌花が咲いたら人工授粉してやります。

2020年7/19〔40日目〕

スイカの玉が肥大し始めました。

スイカの挿し木画像

玉が肥大

2020年8/6〔58日目〕

スイカの挿し木

玉が肥大

2020年9/2〔85日目〕

スイカの挿し木画像

ネットにつるす

茎が折れないように実を排水溝ネットでつるしてやります。

2020年9/7〔90日目〕

その後、玉がこれ以上肥大しないので収穫しました。

結果

結果としては、野球ボールサイズのスイカを収穫できました。味は甘くておいしかったです。

スイカの挿し木画像

収穫したスイカ

スイカの挿し木画像

スイカをカット

採り遅れたので熟しすぎて色が濃いです。

スイカの挿し木画像

スイカをカット

味は甘くて普通のスイカです。

考察

今回は、孫蔓を挿し木しました。孫蔓は、細いので茎が細く樹勢が弱かったです。樹勢が弱い為、実が小さかったと思われます。

子蔓や、摘心した親蔓を使って挿し木をすれば大きなスイカを収穫できるかもしれません。今後検証してみたいと思います。

(種から小玉スイカを育てると収穫は90日くらいです。遊びでするにはいいですが挿し木のメリットはあまりないかもしれません。)